あなたの便秘はどのタイプ?


便秘管理人ゆっきーひと口に便秘と言っても、おおまかに分けて3タイプがあります。

つらい便秘と言っても、タイプがそれぞれ異なりますので、ご自分の状態はどんな風なのか、まずはチェックされてはいかがでしょうか?

1番目は、「直腸性便秘」

人間がうんちを出す時にゆるめているはずの肛門の筋肉、骨盤底筋が、排便の際に緊張してしまい、この緊張のために、うんちが排便一歩手前の直腸まで来ているにもかかわらず、肛門が閉まってしまい、うんちが出て来れずにそのままに直腸にとどまってしまうというもの。

いざ出してみると、びっくりするほど、大きく固いうんちに。
こうした症状の場合、直腸に瘤ができている場合もあり、どんどん排便が困難に
なっていきます。

2番目は「けいれん性便秘」

ストレスや疲れが溜まっていることが原因となって、起こる便秘です。
いつも腸が緊張している状態になり、便秘と下痢を繰り返すことが特徴です。
激しい腹痛に襲われてトイレに駆け込むものの、肝心のうんちが出ない、出せない…。

ようやく出したうんちは、下痢かと思うとまったく異なり、水分のない、丸みを帯びてコロコロした“鹿フン”とよく似たもの。

3番目は、「弛緩性(しかんせい)便秘」。

症状が出るタイプとしては、高齢によって、腹筋の能力が低くなった方、細身で胃下垂体型の女性、日ごろから運動不足が続いている人に多いものです。

お腹がガスで張る感覚が続き、たとえ排便ができたとしても、まだうんちがお腹に残っている“残便感”にさいなまれることも。うんちは柔らかめとなります。

上記の症状を総称して、慢性便秘と呼ばれています。

日常生活に支障がでるほどのつらい便秘症状が出ており、3つのうちのどれかに当てはまるようでしたら、早めの対策をすることをオススメします。

 
ネットで効果のある便秘サプリメントも販売されています。我慢せずにそういったサプリメントに頼るのもひとつの選択肢だということを覚えておきましょう。

便秘茶検証_03


2012年12月25日

このページの先頭へ