【閲覧注意】お尻から●●、アーモンドに肛撃された私の菊一文字


便秘茶検証_03


小さい頃から、なぜか排便の習慣がついておらず、
自分の気が向いたらトイレに行く、というあまりにも無頓着ぶり。

仕事が乗っているときは、気が付くと数日どころか10日もナシ!なんてことも。

おかげで、頑固な便秘体質になってしまいました。

修学旅行では女子がみんな便秘になる、なんて言われており、
「じゃあみんなそうなんじゃん」と、ものすごーく簡単に考えていましたが、
年を重ねるとともに様々な弊害が発生します。

下品な話になりますが、
長期の便秘を一括決済するときは、まるでワインのコルクを抜くような有様。

とともに、ハンパない腹痛が自分に襲い掛かってきます。

本当に立つことすらできない、この世のものとは思えない、あの激痛。

おかげで、陣痛なんて甘っちょろくて、軽い軽い!(これはただ一つよかったこと)

しかしながら、本当に良いことなどなく、
大腸ポリープを量産していますし、
そのための腸のバリウム検査や腸カメラなんて恥ずかしいったらありゃしない。
しかも痛いし。

ポリープ切除のためとはいえ、なんでこんなことしなくちゃいけないんだ・・・と
情けなくなってしまいます。
お尻がぱっかーんと開いた紙パンツとかまじ有り得ないし。

ここまで頑固な便秘になると、
そんじょそこらの民間療法では残念ながら一切効果がありません。

ヨーグルト・・・普通に美味しいよねー、でおしまい。

減肥茶・・・うぅ、苦い。

人気モデル愛用とかのヨーロッパの硬水・・・飲みにくい水だなー。

バナナなんて単にデザートとか小腹満たしでしかないし。

ブリッジなんてできっこないし。

歩いても歩いても、歩数が増えるだけ。

何をやっても「これもダメか・・・」。
この繰り返しだった私に、衝撃のニュースが飛び込んできました。

出どころは、我が母。

「朝の情報番組でやっていたけど、アーモンドが便秘に効くらしいよ」

アーモンドってあの?木の実?

食べ過ぎたら脂ぎっていかにも吹き出物が顔中に広がりそうな・・・

決して良いイメージを持っていなかったのですが、
アーモンドってあの塩気が結構おいしいですよね。

お酒のおつまみに、と、アーモンド単体で袋詰めしてあったり、
はたまたカシューナッツとかと一緒に入っていたり。

食後のデザートの感覚で、
今回も騙されてみようかというハードルの低さで試し始めました。

元々、お酒を飲まない私は、あまりつまみ系の乾き物は食べないのですが、
このアーモンド。塩気と香ばしさがマッチして、意外と美味しい!

母によると、一日10粒程度でよいとのこと。

しかし、美味しくて進んでしまう!!

私の便秘は相当頑固で、多少の数では効くはずがないから、と
誰に言い訳するでもなく、独り言のようにつぶやきながら
年の数ほど食べてしまいました。

翌日。

朝、今までの経験したことのないほどの心地よい朝排便!

なにこれ!!!

便秘に苦しむ人なら、この感動をわかっていただけるはず。

なんなの、この爽快感!!!

今までいらぬ荷物を常に運び続けていた私が、
その荷物から解放されたこの快感!

気のせいか、お肌の調子も抜群!

アーモンド、すごいぞ!
見直したぞ!!

母からの後付け情報では、
どうもこのアーモンドの油分が腸に良い効果をもたらして、
今まで干上がってしまって動きにくくなっていた宿便たる輩を
油のヌルヌル度でつるるんと外に押し出してくれるらしいんです。
(あくまでの母の憶測含みます)

確かに、今朝出てきたやつらは、
ぺかーっと光っていたように見えた・・・

この頑固な私の便秘から、とうとうおさらばする日がやってきた!!

めっちゃくちゃ嬉しかったです。

それからというもの、スーパーでアーモンドを見つけては
買い占め。
最初は騙されたつもりだったので、コンビニで買っていましたが、
意外とこのアーモンド、高いんです。

これから毎日食べなくてはいけないので、
大量買いすることになると、やっぱりスーパー。

できれば大きめの袋のものを、と
いくつもメーカーを品定めして、お気に入りのブランドを確立しました。

AKBの総選挙の当日は、開票中継を見ながら一袋開けてしまいました。

美味しくて、体にもよいなんて、こんな良いことが世の中にあるのね。

その時は嬉しくて嬉しくて、舞い上がっておりました。

このあと起こる、恐ろしい光景など考えもせずに・・・。

アーモンド生活を数週間続け、
きちんと効果も出て、ますますアーモンドの株が上昇していた頃。

ふとお手洗いに行って用をすませたあと、
思わず二度見してしまう状況に遭遇しました。

流そうとしたそのトイレには、
深緑色したまるーい物体がいくつもプカプカ浮いているではありませんか。

なんじゃこりゃー!!

赤とかこげ茶色だったら「血だ」とわかりそうですが、
私が見たのは深緑色。
ちょっと黄ばんだまりもみたいな色をしています。

何、何、なんなのこれ・・・・

一度は見なかったことにしました。
豚に角煮とか、何か脂度の強いものでも食べたからだ、と。

しかし、次のお手洗いでは
この深緑色は、下着にまでついていることがわかりました。

なに、これっ!

正体がわからないうえに、どこから出てきたかもわからない。

どうなっちゃってるの、私の体!?

しかも、何が何だかわからないので、
相談しようにも言葉にできないし、だからと言って実物を見せるわけにもいかない。

病院にいかなくちゃダメってことか・・・

行くにしても、何科?

婦人科?消化器内科??皮膚科?(有り得ない)

不安になった私は、とにかくネットで同じような症状になった人はいないかと
探し始めました。

すると、結構いらっしゃいました。

やれ、奥さんがお尻から緑の汁がでてきて困ってるだの
黄色っぽい謎の液体が止まらないだの・・・

憶測ではあるものの、どうやらこの液体の正体は
「胆汁」ではないか、という推測が成り立ちました。

たんじゅう?

なにそれー。

肝臓で作られる液体。
ぐらいしかわかりませんが、どうやら過剰供給になると体から吐き出すらしいです。

確かに、脂っこいものを食べたら、翌日出てきたみたいな人もたくさんいました。

さて、私の症状。

残念ながらどんなにお尻に力を入れても、
止まってくれることはありませんでした。

胆汁らしきもの、ダダ漏れです。

夜用パッドなどをはめて仕事に行きましたが、
匂いが気になってしまい、仕事どころではありませんでした。

意を決して、病院へ!

目指したのは消化器内科!

「先生、お尻から胆汁が止まりません!!」

私の涙目の訴えに、消化器内科の医師は冷たく言い放ちます。

「なんで胆汁ってわかるの?調べたの?」

「・・・え、いえ・・・なんとなく・・・」

「理由はわかってるの?」

「・・・ええと、私、便秘がひどくて、アーモンドがいいって聞いたもんですからたくさん食べたらこんな風に・・・」

「なんでもやりすぎはダメだよ。しかもアーモンドが便秘にって、聞いたことないよ」

「・・・ええっ、そうなんですか??」

「そんな食べすぎてこんなになるより、よっぽど便秘薬のほうが癖にならなくていいくらいだよ」

「・・・ええっ、でも薬ってすぐ慣れちゃうから効かなくって・・・」

「液体でいい薬がある。妊婦さんも飲むようなのがあるから」

「あ、あぁ、○○ですか・」

「そうそう」

「それなら飲んだことがあります。まだうちにもあるし」

「じゃ、いらないんだね。もうくだらないことしないでよ」

なぜか、めっちゃくちゃ怒られた気分になりました。

せっかく初めて効果が実感できる民間療法に出会えたのに、
しかも美味しくて、これなら続けたい!とまで思えて
アーモンドの大人買いもしたのに・・・

ちなみに今は怖くて怖くて、アーモンドのようなナッツ系には
一切手を出すことができません。

そんなこんんあで、またまた以前の便秘生活に戻ってしまいました。

でも胆汁にまみれるよりは、全然いいや。

早く普通の生活になりたいです。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ