便秘に悩まないためのポイント


便秘茶検証_03


便秘に悩まないためのポイント子供の頃から胃腸系が弱く、便秘や下痢に悩まされてきました。
便秘の時はいきんでもなかなか出てこなく、やっと出てきても兎のうんちのような小さくてころころしたものしか出てきません。
時には肛門が切れることもあり、長年悩み続けてきました。

私が改善策として試してみたことは、
オリゴ糖やヨーグルト、野菜などを多めに摂ること。
やはり食生活は大事なので、気をつけて繊維質のものを食べるようにしています。

次に、眠る前に運動すること。
ハードな運動だと疲れて挫折してしまうので、ストレッチを兼ねた足上げやスクワット、腹筋を毎日五分~十分程度するようにしました。

これは便秘だけでなく、腰痛にも効果がありました。
腹筋と背筋を鍛えることにより、身体の筋肉のバランスがよくなり、便を押し出す時のパワーが得られる気がします。
適度に筋肉を鍛えておけば、年を取ってからも寝たきりになるリスクが減ることをリハビリ補助のパートをしていた時に学んだので、運動は毎日欠かさずするようにしています。

就寝前に運動することで、心地よく眠りに就くこともできます。
排便は自律神経によって制御されているので、睡眠のリズムも深く関わってきます。
最低でも六時間は眠るようにしています。

ストレスとうまく付き合うこと!

そして、一番大事なこと。
ストレスをためないことです。
とは言え今の時代、ストレスを全くためないというのは難しいと思いますので、ストレスがかかった時には、自分の好きなことに没頭したりして、適度にストレスを散らす努力をするのが良いと思いました。

あまりストレスを受けすぎると、好きなことにすら集中できなくなってくるので、そういう場合は転職等で乗り切ることも必要だと思います。
実際私はストレスで便秘があまりにもひどくなり、退職に至った経験があります。
退職してからは嘘のようにお腹の調子も良くなり、次の仕事に専念できるようになりました。
やはり、ストレスは万病の元だと実感しました。

以上のことをまとめると、バランスの取れた食生活、適度な運動と睡眠、ストレスの軽減が便秘解消につながるのだと思います。
健康があってこその人生ですから、体調は常に良い状態をキープしたいものです。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ