脂肪は便秘の味方??神経質な人が便秘になる事が多い!


便秘茶検証_03


abura

脂肪は便秘を解消する効果があるってご存知でしたか??

脂肪の効用には、2つのタイプがあります。

1つめは、その脂肪によって腸内の滑りを良くして便通を高める事が出来ます。

2つめは、脂肪にある脂肪酸が腸をほどよく刺激をしてくれて便を出す運動を活発にさせる働きがあります。

脂肪は、腸内にある食べ物のカスを滑らせて、スムーズに出す役割があります。

その脂肪は、肉や魚、油等に含まれています。

野菜のサラダばかりでは、その脂肪分がほとんど含まれていません。

そこで、食べる時には、ドレッシングやマヨネーズ等をかけて食べる事で脂肪を摂取する事が出来るのです。

野菜も、天ぷらや油炒めをすれば、より多くの脂肪を摂取する事が出来ます。

しかし、あまり脂肪をとり過ぎると、便をした時に黄白色や油が浮く事があります。

ここがポイント脂肪も、適度に摂取するのがポイントです。 この便秘も、性格が関わっている事があります。

神経質な性格の人や、ナイーブな性格の人に便秘が多い傾向があります。

精神的な問題も、便秘には多く関わっています。その神経質な人は、旅行に行くと便秘になる事があります。

電車に乗ると、便をもよおしても人が近いから恥ずかしくてトイレに行けないと考えます。

更に、トイレが汚いとか、環境の変化で便が出にくくなります。

自律神経が低下して、腸のコンディションも悪くなっていきます。

緊張しやすい人にも、便秘になる傾向が多くあります。

その便秘にも定義があり、自分にとって3日ほど便が出なくても、お腹の調子も良くて体調も良ければ便秘とは考えなくても良いのです。

しかし、毎日便が出ていたとしても、その便が小さくて量が少なければ便秘と言えます。

その便秘には、急性便秘慢性便秘があります。

いつもはスムーズに理想的な便が出ていたのに、急に便が出にくくなるのが急性便秘です。

反対に、長く便が出にくい状態が続いているのが慢性便秘にになります。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ