便秘も季節もの【季節ごとの知られざる秘密!】


便秘茶検証_03


夏になると便秘になる?

季節によって、便秘症状をおこしてしまう原因が異なるってご存知でしたか。

一年中便秘体質といって悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、季節ごとに実はその原因が別にあったのかもしれません。

たとえば、夏。夏は沢山の汗をかきますよね。ちょっと動いただけでも汗がでます。

水分は摂っているようでも、汗となってすぐに出てしまう。

こうなると腸にまで必要な水分がいきわたりません。

そこから腸に対しての水分不足となって、便が固くなってしまうのです。

あまりの暑さに、冷房の効いた部屋のなかでずっと過ごしていると、血流の流れが悪くなり、腸の働きもにぶくなってしまいます。
ここから便秘を引き起こしてしまうというわけなのです。

逆に冷たいものを飲みすぎたり、アイスクリームやカキ氷を食べたりして、おなかをこわしてしまうという場合も。
下痢を起こした上に、やはり腸の働きがにぶくなってしまい、次は便秘に、そしてまた下痢と繰り返したり。
暑いとそれはそれで体調管理が難しいものですね。

なぜ暑いと便秘になるんでしょうか?

冬は便秘になりやすい?あまりの暑さに自律神経の働きをやられてしまう方も多いので、そこはお風呂をシャワーだけではなく、湯船にゆっくり浸かる、たまには温かい飲み物を飲む、などちょっと気をつけてみませんか。

それから冬ですが、こちらはイメージとしても便秘しやすいような季節という感じがしますよね。
まさに冬は便秘を起こしやすい季節です。

まず、寒いために水分をとらない、摂りたくなくなってしまうということが一つの原因です。
そして運動不足。これは寒くて身体が動きにくい、こたつに入ったらもう出たくない等々ちょっとした動きでさえも億劫になってしまっていませんか。

さらに寒さからどうしても身体が冷えてしまいます。

これらの原因により、腸の動きがにぶくなり蠕動運動が促されず、便秘になってしまうのです。
例えば身体を温める効果のある飲み物や食べ物を、意識して摂取することでも、冷えと水分の不足という2点を改善することができます。

生姜を使った飲み物や食べ物、これは手軽で美味しく摂ることができます。
また運動不足に関しては、意識して動くようにすること、これが一番です。
便秘解消のためであれば、激しい運動までは必要ありません。

 
リズムを整えなければ身体が冷えたり、内臓の動きが悪くなってしまう、これを意識して毎日を過ごしたいものですね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ