悪玉菌が溜まると【ぽっこりお腹の原因に・・・】その理由とは?


便秘茶検証_03


ばい菌便秘解消にはヨーグルトが効くというのはもうお馴染みの情報なのですが、では何故ヨーグルトが便秘に効果があるのかはご存知でしょうか?

まず、ヨーグルトといえばやはり乳酸菌ですよね。

菌というとちょっと怖いのですが、私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌の2種類の菌が存在しています。

名前のイメージ通りで善玉菌は私たちの体に良い影響を与えてくれるのですが、悪玉菌は逆に悪い影響を与えてくるんです。
乳酸菌は良い菌、つまり善玉菌なんです。

悪玉菌が腸内にいっぱい溜め込まれた状態になっていると、悪い物がぎっしりなのですから腸の働きも弱まってしまいます。

それで便秘になってしまうケースも多く見られますね。

更にはガスを排出しますので、そのガスが溜まってぽっこりお腹の原因になる事もあるんです。
まさに百害あって一利なしといったところでしょうか。

それにガンのような重い病気の原因にもなりますので、便秘だけではなくそういった体全体の健康の為にも悪玉菌は厄介な存在なんです。

腸内だけならまだしも悪玉菌の出した毒素は体全体に回ります。

その為いろいろな症状の原因にもなってしまうんですよ。

そんな悪玉菌を取り除く方法ですが、やはり乳酸菌のような善玉菌を多く取り入れてあげるのが一番の方法です。
善玉菌が増えていくと自然に悪玉菌も減っていきますからね。

乳酸菌がたっぷり含まれているヨーグルトは昔から便秘解消の為の食べ物として有名な存在なんです。

最近では「生きたたまま腸まで届く」なんてキャッチコピーのヨーグルトが発売されていますが、乳酸菌って実は胃酸で壊されてしまうのです。

なので生きた状態で腸まで届ける事の出来るヨーグルトが近年人気になっているんですね。
ちなみに、乳酸菌は胃酸で死んでしまうのですが、それでも病気の予防や体調を整えるのにちゃんと効果はあります。

同じヨーグルトを食べるのなら、効果があるほうを選びたいですよね!

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ