便秘と下痢を繰り返す過敏性大腸症候群


便秘茶検証_03


身体の調子というのは、なぜかストレスなどの心因性の要素が原因でも調子を壊してしまうものです。まさに心身の健康が一人の人間全体を形作っているといえます。

あれ、そういえばここ何日かお通じが無い、と気づくということはありませんか。ちょっとお腹が膨らんだ感じがするとか、身体が重いけどなぜだろうなどと思い、考えをめぐらせるとそういえば出ていない、と思い至ります。
もちろんその前に「今日はお通じがない」と、気になる場合もありますが、ちょっとしたことで出たり出なかったりするタイプなら、後でお通じがあるだろうと、あまり気にしていなかったりするものです。
 

 

過敏性大腸症候群とは?

 しかし、いったん気づくと気になるものです。また、服がきつくなってしまうほど、お腹が膨らんでしまうという場合もありますし、呼吸がちょっと苦しくなったりする場合もあります。そこで、下剤を飲んでしまうのも簡単な解消方法なのですが、働いていたり、外出の予定があったりすると、外出先で下剤の効き目が現れたら大変!と飲む時間を考えて躊躇してしまったりします。

ここがポイント結局その日は放置せざるを得なかったなどという場合。そして逆に突然の激しい腹を伴う下痢が始まってしまう方もいます。吐き気を伴ったりその苦しさは、筆舌に尽くしがたいものがあります。その便秘と下痢を繰り返すパターンは、過敏性大腸症候群という病名が診断されるケースが多いのです。

腸内菌をしっかりと増やしましょう

それは、前述した心因性のものが原因になっているとか、自律神経の働きが疲れから弱まっているとかの原因が言われていますが、目下この辛い症状を解消したいという気持ちのほうが強いですよね。

便秘解消博士ストレスは感じるなと言うほうが無理というもの。疲れない毎日などほとんどありません。そうなると、体調を整えるというより、腸の力を整えるしかありません。

腸の力を整える場合、下剤などで押し出してしまうことを優先するよりも、腸内菌を増やして正常な働きをきっちり腸内菌にしてもらうよう働きかける薬を飲む事がよいといえます。いわゆる整腸剤です。腸を鍛えて、快便に繋げていきたいものです。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ