結腸性便秘とは?【高齢者でも安心して試せる便秘解消法とは?】


便秘茶検証_03


お医者さん結腸性便秘は、多くの人がなりやすい便秘の代表格。

結腸が緩み、腸の運動が弱い事で排便がよく出来なくなります。

力んでも、便をスムーズに押し出す事ができずないという症状ですから困ったものです。

その結腸性便秘の原因も、加齢等による腸内の運動低下によってなりやすくなります。

なので、この便秘の症状が多い人には、高齢者や長期に寝たきりのままの人に多い特徴があります。

大腸も、適度に刺激をする事で排便が出やすくなります。

柔らかい食べ物ばかり食べている高齢者などは、大腸の刺激が少なくなります。

また、運動不足の人や子供を多く産んだ女性にも、この便秘の症状が多く見られます。

ここがポイント食欲不振や、腹部に膨らんだようなキツイ感覚等の症状が起こりやすくなります。

長く腸内に便がある事で、腸壁に便の水分が吸収されてしまって便が硬くなります。

そして、慢性的な便秘となります。

更に、腸に残便感が出たり、便をもよおす事も減ります。

冷えの原因となりますし、頭痛にもなる事もありますので改善したいですよね。

体の色々な部分に不快な症状が表れて、日々の生活にも支障をきたすようになります。

解消方法としては、腹筋を鍛える事と下剤等の服用を避ける事です。

腹筋等の運動をして、腹筋を強化する事が肝心です。

運動をしていない人や体力が低下している人に多く見られる症状ですので、

そこに無理矢理下剤を飲んで便を出そうとすると、便秘が余計に悪化してしまいます。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ