正しいウォーキングでスッキリお通じを!【動画説明あり】


便秘茶検証_03


便秘に悩まないためのポイントウォーキングの効果とは?

便秘解消のために身体を動かす、これは便秘になっていなくても毎日の快調なお通じのためには必要不可欠な条件です。

簡単に出来る方法のひとつとしてウォーキングがあります。
ウォーキングは有酸素運動であり、全身を使う運動です。
手軽に歩くことで便秘解消につながり、体調が良くなるという効果も得られます。

ウォーキングの効果としては、全身運動であるということ、下半身の筋肉を使うので鍛えることもできるということ、歩くことは難しい運動ではないので、子供からお年寄りまで誰でも楽しめるということが上げられます。

 
また、下半身の筋肉だけではなく、きちんとした姿勢を保って歩くことは、上半身の筋肉も知らず知らずに使っていますから、そこからも全身運動のよさがあるといえます。

気をつけたいのが、姿勢と、ウォーキング前に準備運動をすること、水分をきちんととること、靴をちょっと気をつけることです。

歩くときは姿勢をきちんとして、前をしっかり向いてちょっと大またくらいで歩きます。
スピードは少し速いかな、と思うくらいが燃焼効率があがります。

少しづつでもいいので毎日続けましょう。

ウォーキング前の準備運動ですが、これは寒い冬の朝など身体がまだ温まっていないうちに歩き始めると、筋肉を傷めてしまうことがあります。

これでは健康のために始めたウォーキングの意味がなくなってしまいますよね。ちょっとしたストレッチでよいので、歩き始める前に少し準備運動をしてから開始しましょう。

水分については、季節を問わずきちんと摂ってから歩きたいものです。
ただし、朝一番に水分を摂ってすぐに歩き始めると、腸の蠕動運動が促されてすぐに便意を感じてしまうかもしれません。
自分の体調と体質を考えて歩くタイミングを調整したいですね。

 
そして汗をかいたらしっかり拭くこと、水分を補っておくことを忘れないようにしましょう。
また靴については、歩きやすい靴でしっかりと大地を踏みしめて歩きたいものです。

最初は少しの距離でも良いので、出来る範囲でウォーキングを始めてみませんか。腸も一緒に動き始め、腸も気分もすっきり感を手に入れられることでしょう。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ