オリーブオイルが便秘に効果的!【オレイン酸がウンチを柔らかくする事実!】


便秘茶検証_03


ダイエット油を摂取しないのは「油断大敵」です!

お通じがないというのは、水分不足や運動不足も原因のひとつとなりますが、油抜きダイエットも原因のひとつ。

ダイエットに関しては、自分にあった方法で続けられるということが一番大切なことですが、油分はダイエットの敵!とまったく油分を摂取しないと、まさに「油断大敵」です。身体の調子に影響してきます。

乾燥した手にハンドクリームを塗るように、身体の中にも油分を補給してあげることで、肌のかさつきやくすみを防ぐことも出来ますし、つややかな髪が持続して生えてくることにもつながります。油分というのは人間の身体に必要かつ欠かせないものなのです。

 
 

特にオリーブオイルは中でも優れた栄養分を持っています。

オリーブオイルオリーブオイルには、良質の「オレイン酸」がふくまれています。

この「オレイン酸」は動脈硬化や高血圧、心筋の働きなどに効果があるとされ、オリーブオイルの他に、ナッツなどにも多く含まれています。

このオレイン酸の働きは、これだけではなく様々な効果が確認されていますが、便秘解消に良い作用としては、なかでも乳化作用が、排泄物をやわらかくして排便を促す効果があるとされています。

乳化作用といえば、私たちの身の回りにもその作用を使ったものが多くありますよね。
例えばマヨネーズや、石鹸。

特にオレイン酸は石鹸を作るときにも使われているほど、乳化作用に優れているとも。ただ、少量の摂取ではその効果はやはり減ってしまうのも現実です。

具体的にオリーブオイルを効率的に摂取するには?

ここがポイント例えば野菜ジュースをつくる時などに、大匙一杯程度のオリーブオイルを一緒に混ぜて作ってしまう。
このくらいの量を摂取することで大腸まで届くといわれています。

でもダイエット中に大匙一杯のオリーブオイルなんて、抵抗がありますね。
確かにカロリーも高くなってしまいますので、これについては、他の食品のカロリーを落とすなどして工夫してみましょう。

そのままオリーブオイルを飲む、生で利用する、という場合は上質のオリーブオイルを使いましょう。
加熱して使うのではない場合は、エクストラバージンオイルを使用するとオリーブの香りも楽しむことができます。

加熱に強いという性質をもった油なので加熱に不向きということではないのですが、もし加熱用としてオリーブオイルを使われるのであれば、ピュアオリーブオイルをおすすめします。

 
便秘を解消しながら、健康にも効果を発揮するオリーブオイルを賢く利用してみませんか。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ