●【便秘で悩む人に送る】すぐに取り組める便秘の解消法!


便秘茶検証_03


便秘管理人ゆっきー便の量を増やすことが便秘解消に!

ストレスフルな毎日を過ごしているうちに、便秘になってしまった、そして肌も荒れてしまったということは、気をつけていても起こりうることですね。

鏡の中を覗き込んで「あぁ~」と思ってもまだ大丈夫。
これ以上ひどくしないことと、早く回復させるためにまずは便秘を解消しましょう。

便秘を解消させるためには、まず便の量を多くさせることを一つの目的とします。

便量を多くするためには、かさを増やすわけですから、食物繊維を積極的に摂ることが近道です。

これは排便のリズムを回復させる働きもあります。具体的には食物繊維は、緑黄色野菜や、いわゆる繊維の多いごぼう、さつまいもなどの根菜類、それから大豆、納豆、豆からできたおから、きのこ類、乾燥させた野菜、例えば切干大根などに多く含まれています。

食物繊維は2種類あります。

便秘看護婦食物繊維のなかには、水溶性のものと不溶性のものがありますが、これはどちらも摂ることを目標にしましょう。水溶性のものは、大豆のふすまや、豆、きのこ、わかめなどに含まれています。

また不溶性のものは野菜、果物に含まれています。もし不溶性食物繊維ばかり食べていたら、かさは増えますが、水に溶けない性質のため腸内でも水分調整がうまくいかず、固い便になってしまう場合があります。

そこで水溶性のものもバランスよく摂る必要性がでてくるわけですね。
また、食物繊維だけではなく、脂質や水分も適度な量を摂りたいものです。
水分や脂質は大腸を刺激し、排便を促す働きをします。

では水分はどのくらい摂取したらよいのでしょうか。

一般に体重1キログラムに対して40ミリリットルを摂ると良いといわれています。
50キログラムの体重の方であれば、2リットルを1日に摂るわけですね。

水分は、腎臓の働きも影響しますから、一概にその量を飲まなければいけないというわけではないのですが、身体のリズムを整えるために水分も必要ですから、適宜に摂取したほうが良いということになります。

 
また朝起きてすぐに水を飲む。これも腸に「1日が始まりましたよ~」と知らせることになります。すると腸も「そうか、それでは動くぞ~」ときゅるきゅると動き出します。こうして腸のリズムを整えることで、便秘の解消につながります。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ