便秘とゲップ、口臭の関係性って?


便秘茶検証_03


何日も便が出ていない、いわゆる便秘の状況になると口臭が気になったりしますよね。

お医者さんまた、やたらとゲップが出るようになったりします。

私もよく便秘になるけどそんな事無いよ!という方も今後この症状が出る事もありますのでどうぞ目を通していって下さいね。
まず、原因となるのはガスが腸に溜まってしまう事です。

便秘の時っておならもちゃんと出てくれませんよね。

おならは腸内に溜まったガスを体の外に出す働きがありますので、おならがちゃんと出ていないとどうしてもガスが溜まってしまうんです。

では、このガスは何が原因で発生しているのでしょうか?

まず、善玉菌と悪玉菌をご存知ですか?

これは字の通りで善玉菌は体に良い働きをしてくれる菌で、逆に悪玉菌は体に悪さをしてしまう菌です。
善玉菌としては乳酸菌が有名ですね。

善玉菌を増やすとして近年ではそんなヨーグルトも多く販売されるようになりましたので、スーパーやCMを見てご存知の方も多いかと思います。

便秘になってしまうと、悪玉菌、つまり悪い菌の方が腸内に溜まってしまいます。

そうしますと食べ物が腸に運ばれてきた際に腐敗したり発酵してしまい、この際にガスが出るんです。

そして、このガスは悪臭なんです。
この溜まったガスは血液に流れ込み、そのまま肺に運ばれていきます。

そして、呼吸をした際に息と一緒に口の中から出ていきますので、口臭がきつくなってしまうんですよ。
便秘自体は確かに肌荒れをしたりしますが、基本的には誰かにわかってしまう事はありません。

ですが口臭ですと相手にわかってしまうだけではなく、不快感を与えてしまう事もありますね。

げっぷが出やすくなり、せっかくのデートの最中に悪臭のするげっぷを出してしまうなんて方も現実にいらっしゃるのが怖いところ。

なので、こんなことにならないようにもし便秘になってしまったら放置せずにしっかり対処しなければなりませんね。

そして善玉菌を増やすようにヨーグルトのようなものを食べて体をスッキリさせてあげましょう

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ