痙攣性便秘とは?【コロコロウンチに悩んでいる方必見!】

便秘解消博士コロコロウンチは何故出るの??

毎日、特に毎朝の習慣としての排便、しっかり出ていると1日が気持ちよく過ごせますよね。

また習慣になっていないとしても、「便秘かしら?」と思わない程度にちゃんと出ている場合も、それなりにスッキリしているのではないでしょうか。

医学的には普通、12時間から24時間くらいの間に食べたものは排出されます。48時間以上たっても腸の中にとどまっている場合は「便秘」とされます。しかし時間は個人差があるし、食べたものによってはすぐに出てしまうような気がする事もありますよね。

 
便秘については、便の中の水分量がとても少ない場合「便秘」といい、実は排便の回数は関係がないといわれています。

そういった水分量の少ない意味での便秘の場合、直腸を便汁が通過する時に水分が沢山吸収されてしまうため「コロコロ」な便が出るということになります。

痙攣性便秘とは?【コロコロウンチに悩んでいる方必見!】 の続きを読む »

●便秘が引き起こす、【コワーい病気たち】閲覧注意!

便秘が引き起こす病気便秘を軽く見てはいけません!

便秘が引き起こす、コワーい病気たち

腹痛、頭痛、吐き気に腰痛…。便秘が続くと、体調不良気味となってくるのは、経験した方ならお分かりですよね。

体調不良がストレスになり、そのストレスがさらに便秘を呼ぶ…悪循環が繰り返されるのです。

もう慣れてしまったし、いずれは出るからいいや、と放置するのは、危険です。
習慣化した便秘が、深刻な病気に繋がっていく可能性もあるからです。

●便秘が引き起こす、【コワーい病気たち】閲覧注意! の続きを読む »

弛緩性便秘を解消する為に気をつけたい【3つのこと!!】

便秘意外とウンチをするのは体力を必要とします。

弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)とはお年寄りがなりやすい便秘のことです。

弛緩性便秘を解消するためには、食物繊維をたくさん取り、腸を活性化させることが必要になります。

食物繊維をたくさん摂取することで、ウンチのボリュームが増し結果便通が良くなります。また下剤効果のある牛乳やお酒も適度にとることで腸が活発になり便秘解消に役立ちます。

弛緩性便秘を解消する為に気をつけたい【3つのこと!!】 の続きを読む »

●頑固な便秘対策!まずは規則正しく!【自律神経も影響してます】

お医者さん自律神経は便秘に大きく影響します。

頑固な便秘対策にはやはり食生活を見直すことが効果的です。

現代になり、特に20代の若い年齢層は朝ごはんを抜く傾向にあります。朝ごはんは基本的に食べない!という20代の方はなんと20パーセントを越えています。若い段階から便秘に悩む人が多いのはこの原因があるのですね。

●頑固な便秘対策!まずは規則正しく!【自律神経も影響してます】 の続きを読む »

このページの先頭へ