冷え性からくる便秘には【お腹を温めて】さらに「お味噌汁」がオススメ!


便秘茶検証_03


お風呂腸自体を暖めると効果的

身体が冷えやすいと、冷え性を感じている方は少なくないのではないでしょうか。

規則正しい生活をされているならともかく、現代人の生活はとかくストレスをためがち。

さらに仕事や人間関係などからストレスを感じ緊張したり、残業やお付き合い続きで夜遅く帰宅するなどの、不規則な生活が続いていたりしている方は、体温も低下しがち、さらに、もしかして腸の働きも悪くなってはいませんか。

身体が冷えやすい方は、その冷え自体も便秘の原因になっている場合があります。

そんな場合の腸は特に刺激に対して弱い状態になっているので、腸自体を温めることも考えましょう。

ゆっくりお風呂の湯船に浸かるとか、身体を温めるようにちょっと厚着をする、腹巻をするなどちょっとした工夫でできる冷え解消の方法とともに、食べるものも工夫して腸を温めてみませんか。

例えば、毎日飲むお味噌汁に一工夫することなども解消するひとつの方法になります。

味噌自体が、身体に良いのはよく知られていますが、腸の善玉菌を増やす効果も認められています。

本来は朝に味噌汁を飲むのが身体を温める上に、腸も動き始める時間として良いといわれています。

朝一杯のお味噌汁。工夫次第で便秘対策に!

また味噌汁には具を色々入れることができますよね。
そこで具にも工夫をして身体に良い食べ物を簡単に取り入れて見ませんか。

具材でお薦めなのは、わかめやキノコ、胡麻や納豆などです。

それぞれ良質の食物繊維が多く含まれています。
他にも野菜などを入れて一緒に煮込むとバランスよく栄養が取れて二重丸ですね。

朝のお味噌汁が効くとわかっていても、朝わざわざ作るのが面倒な方も、ちょっと前の晩にがんばって野菜を刻んでおくとか、味噌汁の味噌なし汁を作っちゃっても良いかもしれません。

もちろん朝に最初から作るのは理想的ですが。
忙しい朝は汁を煮立てて、お味噌を溶いて入れるだけ、こんな方法でも簡単に朝の味噌汁がいただけます。

身体の冷えを感じたら、朝にお味噌汁を飲む、するとすっきり便秘も解消、冷えも少しずつ改良されるかもしれません。ちょっとやってみませんか?

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ