イヌリンやビール酵母等の便秘に効果のある成分をご存知ですか??


便秘茶検証_03


便秘に効くという健康成分は実は色々あって、多くの健康食品に配合されています。

グルカンやイヌリン、オレイン酸やキチン・キトサンが便秘に効果があるといわれています。

グルカンは、腸内の有用菌群を増やす効果があり、有害物質を体外へ出します。

そのグルカンが多く含まれるものは、シメジ科やハラタケ科があります。

このグルカンと一緒に、カルシウムやビタミンを摂取する事が便秘解消へと繋がるといわれています。

イヌリンは、たんぽぽやチコリ等に多く含まれており、植物の根や茎に蓄えられています。

イヌリンは、腸内細菌が代謝をする事で便意解消に効果があるといわれています。

糖尿病や整腸作用もあり、糖類を体内でブドウ糖に変化させない働きもありダイエットに最適です。

オレイン酸は、トウモロコシ油やアボガド、クコや落花生等の食品に多く含まれています。

キチン・キトサンは、蟹や海老、シャコやオキアミに含まれています。

ビフィズス菌の増殖する働きを高め、食物中の脂肪分を吸着して体外へ出す効果があります。

ビール酵母やブロメリンにも、便秘を解消する働きがあります。

ビール酵母には、10種類以上のアミノ酸が多く含まれています。

そのアミノ酸が肺機能を強化する働きがあり、整腸作用があります。

美肌効果もあり、マルチな効果がありますので是非摂取したいですね。

今では、そのビール酵母が入っているラーメンやドリンク等など色々なものがあります。

便秘解消の効果だけでなく基礎代謝の向上や、健胃作用効果も期待できますよ。

ブロメリンは、パイナップルに多く含まれているもので消化酵素の効果があります。

このブロメリンには、腸の中の消化不良を解消する働きがあります。

オナラの発生を防ぐ効果もありますし、腸内に残った食べ物を分解して排出する効果もあります。

ブロメリンは60度以上の熱を加えると効果を失いますので、加熱処理をした缶詰や料理ではなく、生のパイナップルを食べるのがポイントです。

ムチンは、オクラや山芋等のネバネバした粘性物質に含まれており、人体の色々な箇所にもこのムチンで覆われています。

粘膜の強化や胃潰瘍にも効きめがあり、便秘解消に最適です。

便秘茶検証_03

すぐ反映、自動登録リンク集 – 相互リンクでインデックス削除対策を、無料で自動登録できます。
 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ