お通じが良くなる食べ物を意識したことがありますか?


便秘茶検証_03


便秘管理人ゆっきーバランスの良い食事とは一体?

お通じを良くするための食事は、何と言っても栄養のバランス。最近の傾向として、外で食事をするいわゆる外食、スーパーなどで惣菜を買って家で食べる中食、完全におうちで食べる内食がありますよね。

特に外食だと、栄養が偏りカロリーも高め。和食中心に外食するならまだしも殆どの方は脂っこいものを好んで注文しているのではないでしょうか?

便秘にもスキンケアにも、健康にも言えることですが各栄養素をバランスよく摂取することで体の持っているトラブルも解消されます。

バランスの良い食事とは具体的にどんなもの???

ではお通じを良くするための食事に繋がる「バランスの良い」食事とはいったい何なのかをお勉強していきましょう。
バランスの良い食事とは「6つの食品群」をバランスよく食べることを言います。

 

便秘と和食

 

1、第一群
主にたんぱく質をメインに取ることが出来る食事のことを言います。たんぱく質といえばお肉やお魚、お豆腐などが挙げられます。

2.第二群
カルシウムを取ることの出来る食品のことをさします。カルシウムといえば牛乳やヨーグルトが挙げられますね。特にヨーグルトは腸の中をキレイにしてくれる役割がありますので積極的に摂取したいものですね。

3.第三群
カロチンを摂取できる食品。ほうれん草などの緑黄色野菜が代表的です。

4.第四群
ビタミンCを摂取できる食品群のこと。ビタミンCといえばみかんですよね。ほうれん草などに含まれるビタミンAとビタミンCは、スキンケアに効果のあるビタミンエースといいわれるビタミンの中のひとつですので、積極的に摂取したいものです。

5.第五群
米やパンなどの糖エネルギーを取ることが出来る食品のことを言います。

6.第六群
バターやサラダ油など主に油を摂取することの出来る食品です。意外にも油がないと、腸の中をスムーズに便が移動できないので、ダイエット中とはいえ、ある程度の油の摂取を心がけましょう。
以上がバランスの良い6つの食品群です。バランスの良い食事とは便秘に効果的なだけでなく、健康促進にもつながりますので是非食事には気をつけてくださいね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ