お通じと野菜の関係【食物繊維はやっぱり重要】


便秘茶検証_03


お通じとお野菜食物繊維には2種類あります。

お通じを良くするためには、野菜をたくさん食べるといい。これは便秘に悩んでいる方なら必ずといっていいほど知っている情報ですよね。やはり野菜には食物繊維が豊富に含まれていますから、便秘に悩んだ方は野菜をたくさん食べた経験が多いと思います。

食物繊維というと皆さん想像しているのは繊維状のものではないでしょうか?キャベツなんか見るからに食物繊維の塊ですよね。

食物繊維は繊維状のものだけではなかった!?

実は、食物繊維というのは、繊維状のものだけではなくて体に消化されない成分のことをさします。食物繊維の中には「水に溶けるもの」、「水に溶けないもの」の2種類に分かれます。

 
ここがポイントさらに食物繊維は、お通じに良いだけではなくて腸の中の悪い物質を便と一緒に出してくれて腸の重大な病気から遠ざけてくれるという役割を持っています。

お肉ばっかり食べて、野菜をあまり食べないという方も多いと思いますが、一度心を入れ替えて健康の為、お通じの為に食事を野菜に取り入れて欲しいと思います。

食物繊維を効率よく摂取するなら切干大根がオススメ!

便秘にオススメ「おからと切干大根」ではいったいどれくらいの食物繊維を摂取するべきなのでしょうか?体の大きさにもよりますが、大体20グラムほど取ればヨシとしたものです。

実は野菜=食物繊維といっても実は野菜の中に含まれる食物繊維はたった1パーセントほど。

1日20グラムの食物繊維をとるとすると、大体2000グラム、つまり2キロの野菜を食べなくてはいけません。むちゃくちゃですよね(笑)

どうやって・・・と思った方の為に食物繊維が豊富に含まれている食品をご紹介しましょう。

便秘には切干大根が有効!実は、切干大根。煮物などすると美味しいですよね。切り干し大根を100グラムほど摂取すれば約20グラムの食物繊維を摂取できます。

後オススメなのは、おから。おからは100グラムに対して9グラムの食物繊維を含みます。

ただし、毎日おからばっかり、切り干し大根ばっかり・・という食生活はバランスが良くないので、あくまでもバランスよく食事をし、食物繊維の多い食べ物を食べて、1日の食物繊維の摂取量を調整するというやり方がベターです。

お通じがよくなるだけでなく、健康にも効果のある食物繊維。

今一度ご自分の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ