便秘がバナナに効果的、さらに【動脈硬化予防にも役立ちます】!!


便秘茶検証_03


バナナバナナに含まれる優れた成分とは!?

便秘解消の果物といったら、バナナは外すことのできない果物です。

一年中果物屋さんやスーパーに大量に並んでいて、価格も安定している身近で手ごろな果物であるバナナですが、その効果はとても優れています。

以前バナナダイエットというのが大流行いたしましたが、そのときも朝にバナナを食べることで、腸に良い効果を与え余分な脂肪を蓄える力を抑制し、その結果として痩せていくという流れが基本のコンセプトでした。

 
またバナナの長所として、むきやすく咀嚼しやすい、味が優しいということがあげられます。

むきやすいし実も柔らかいので、子供からお年寄りまで食べやすく、またスポーツ後などのエネルギー補給としても簡単に食べられる食品といえます。

気になるバナナの栄養価と便秘に対する効能とは??

お医者さんそしてその栄養ですが、カリウム、食物繊維、マグネシウムを含み、特にフラクトオリゴ糖が含まれているため、食物繊維とに摂取することで腸内の善玉菌の働きを助ける作用に優れています。

特にビフィズス菌を増やす効果があるといわれています。

という理由で、便秘解消にバナナが効くとされているのです。

またマグネシウムは、新陳代謝に欠かせない栄養素です。カリウムは、ナトリウムの排出を促し、血行をよくする働きがあるので、動脈硬化、心筋梗塞などの予防にもよいとされています。

 

ここでバナナの効果をさらに高める食べ方をひとつ。

定番中の定番ですがバナナとヨーグルトの組み合わせは、健康維持においても良質な組み合わせの食べ方です。

ヨーグルトの持つ乳酸菌と、バナナの持つ食物繊維やでんぷん質の組み合わせは相乗効果としても腸にとても良い効果をもたらします。
またバナナに含まれるマグネシウムは、ヨーグルトに含まれるカルシウムの吸収と働きを助ける作用があります。

 
そこで骨を作る働きをし、女性に多いとされる骨粗しょう症予防にも効果があります。腸だけではなく全身の健康のために、バナナを賢く食べたいものですね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ