おからは【便秘にもスキンケアにもダイエットにも効果がある事実!】


便秘茶検証_03


おからは栄養満点それははぜ??

便秘には食物繊維が良いとよく言われています。
そしてその食物繊維を、豊富にふくんでいる「おから」。
豆腐を作ると出てくるカスでしょう、という認識の方も多いのではないでしょうか。

それではなぜこのおからが、便秘に効くのかをご説明しましょう。

おからは確かに豆腐をつくる過程で出てくるものですね。
豆腐にも栄養は沢山ふくまれているのですが、おからにも、豆腐に負けないくらい、いえそれ以上に栄養素がたっぷり含まれています。

大豆から作る豆腐ですが、大豆は「畑のお肉」と呼ばれるほどの高たんぱく質とミネラル、レシチンなどの抗酸化作用にすぐれた栄養素、リノール酸などが含まれています。
またおからに含まれる食物繊維は不溶性の食物繊維で、これは腸の中で便のかさを増やし、水分をふくんで排便を促すという働きをします。

 

おからはダイエットにも美肌にも効果的なんです。

お肌ツルツル!またおからは、それ自体がかさがあるので、満腹感を得られ、ダイエットにも向いている食材といえるでしょう。

「豆腐屋さんのおかみさんは、肌がとても美しい」と聞いたことはありませんか。

これは大豆に含まれるサポニンという成分が、油を落とす働きをし、ちょうど石鹸のように、皮膚の汚れや老廃物を吸着して流してくれるからといわれています。

それに毎日触れているお豆腐屋さんは、美白効果までたっぷり浴びているということになりますね。

色んな料理に使えるおから

でも毎日おからだけ食べるって大変そう、というイメージもありますよね。
けれど意外なことに、おからを使ったメニューというのはたくさんあります。

市販のものでも「卯の花」というおからを煮たおかずが売られていますよね。
これも理にかなった食べ物で、おからの栄養にプラスして野菜などのビタミンAやCを補うことができる、バランスの良い食品といえるのです。

卯の花だけでなく、おからをポテト代わりに使ったおからコロッケや、ハンバーグ、餃子などは作りやすいメニューといえるのではないでしょうか。

最近は、おからクッキーもよく売られているのを見かけるようになりました。これはダイエットを目的としたクッキーとして売られていますが、味もかなり良く、普通に美味しく楽しめるお菓子としても使えるようになっています。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ