生姜に含まれる【シンゲロール】が便秘に効く!!


便秘茶検証_03


生姜生姜に含まれるシンゲロールとは?

お通じを良くする食べ物の一つに、生姜があることをご存知でしょうか。

生姜といえば薬味の一つとしてうどんや冷麦、素麺などの付け合せや、豚肉の生姜焼きなどの料理にも使用されていますよね。

またここ何年かは身体を温める食材として、手軽にすりおろしてお茶などにまぜて飲むように小さなスプーン状の生姜専用おろし器なども販売され、ちょっとした生姜ブームともなっています。

このように私たちの生活に馴染み深い生姜ですが、身体を温めるだけではなくお通じにも良い効果があるのです。

生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれています。

これは加熱すると「ショウガオール」と呼ばれる成分になるのですが、ジンゲロール自身に優れた効果があることがわかっています。

体に良いといっても食べすぎは禁物

お医者さんたとえば、胃腸の機能を高める効果、抗酸化作用、また血行促進の効果、それから二日酔いなどの吐き気を抑える効果も認められています。
また薬味として使われるわさびなどと同様に、殺菌作用もあることがわかっています。

そして生姜は漢方薬にも広く使われています。
生のものは生姜と、乾燥させたものを乾姜として成分を生かして利用されています。乾燥させたものは、特に成分が強くなっているので、効果を得たい時には有用といえるでしょう。

しかし、私たちが食事などで口にするものは、生のものを使用していますね。
生の生姜にも、もちろん効果はありますので、利用したい食材です。

生姜は胃腸機能を高める、血流を良くする、これは腸だけではないのですが、やはりお通じに効果があるといえます。

ただし、良いからといって一度に沢山食べるのというのはよくありません。

大量に買った生姜の賢い保存方法

でも生姜って塊で売っているから、一度には使い切れないですよね。
そこで購入したらすぐに冷凍してしまいましょう。

もちろんそのまま冷凍するのではなく、すりおろしたり、薄くスライスしたり刻んだりしたものを、ラップにくるんで冷凍庫へ。

料理に使うときは解凍しても良いですが、凍ったままポンと入れてしまっても大丈夫です。勿論加熱調理の場合ですが。

また塊のまま保存したければ、新聞紙に包んで冷暗所に置くことをお薦めします。

生姜は年間を通して色々な料理に使える優れた食材です。効果的に利用してお通じにも効果を発揮させましょう。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ