リンゴの優れた働き「ペクチン」が便秘に効くぅぅぅ!!


便秘茶検証_03


りんごリンゴの優れた働き「ペクチン」が便秘に効く

お腹の病気になったり、風邪をひいて熱をだしてしまったりしたとき、何を食べて回復をはかりますか。
よくりんごを擦ったものを食べたりしませんか。

どうして病気の回復途上でりんごを食べるのでしょうか。

りんごには何か不思議な力があるのかしら?と不思議に考えたことはありませんか。

そうなんです、りんごには整腸効果があり、腸の機能が弱っているときに食べると腸の機能を強めてくれ、腸が過剰に動いているときにりんごを食べると逆に、腸の機能を落ち着かせてくれるはたらきがあると言われています。

 

りんごの知られざる魅力

りんごにはペクチンという栄養素が含まれていて、このりんごのペクチンには解毒作用があり、また腸内の善玉菌である乳酸菌や、ビフィズス菌を増やす手伝いをしてくれます。

そして食物繊維も豊富なので、便秘解消にも効果があるのです。りんごのペクチンは皮の部分に含まれているので、良く洗って皮ごと食べてしまうのも、良いといえます。
また何日も続く便秘や下痢に悩まされている場合は、りんごを複数個食べるというのも方法です。

リンゴ酢は疲労回復に役立ちます。

お医者さん普通の状態でも毎日1個は食べたいものです。

その他にりんごには、良質なポリフェノールが含まれていて、様々な効果があるとみられています。

りんご自体があまりに身体に良い食べ物とされているので、「りんごを毎日1個食べると医者要らず」という言葉があるくらいですが、その他にも虫歯予防、解毒効果、抗酸化作用、抗ストレス、疲労回復、高血圧予防などさまざまな効果があるのがわかっています。

バリエーション豊かなリンゴの食べ方

りんごは、そのまま食べるのだけではなく、焼きりんご、アップルパイ、コンフィチュール、コンポートなどお菓子としてもいろいろな食べ方がありますよね。
その他にパンに入れたり、お酒にしたり、中でもりんごの酢はまた健康食品として、大変人気があります。

毎日りんご酢を飲むと疲労回復に効果があるということで、さまざまなりんご酢が売られています。
りんごはあまりに身近な果物なので、あまり効果を考えず自然に毎日食べているという方もいらっしゃるかもしれません。
りんごの効用を見直して、また改めてりんごを毎日食べてみませんか。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ