便秘が原因の肌荒れの解消法とは?


便秘茶検証_03


腹痛下痢と便秘を繰り返すときは?

便秘がちになってしまって、肌が荒れているなぁと感じたら、まずは便秘を解消してしまいましょう。
そのために何をしたら良いのでしょうか。

まずは食生活を始めとした生活の見直しをしてみましょう。それから、自律神経などの働きなどからも腸の動きが悪くなったりしているので、思い当たることはありませんか。

自律神経からくる便秘は、「下痢」と「便秘」を繰り返す「過敏性大腸症候群」の場合もあります。

便秘解消博士心当たりはありませんか。

この場合お医者さんにかかるのも必要かもしれません。心因性の場合、腸の働きを抑制する物質が影響している場合もあり、なかなか食生活や考え癖のようなものの改善を目指しにくいかもしれません。

しかし、整腸作用を整えることで、便秘の症状が軽くなる場合もありますので、これは食生活や整腸剤の使用で改善することができます。

1日に必要な食物繊維の量とは?

食生活は、第一に食物繊維の多いものを心がけて食べること、乳酸菌やビフィズス菌といった腸内に常在している菌の働きを活性化させてあげることが大切です。

食物繊維についてはまた別の機会に詳しく述べますが、日本人は1960年代の食生活からみても、現在の食生活は食物繊維を摂っていない、必要量に達していないといわれています。

理想は1日24~25グラムの食物繊維の摂取!これってかなり多い量なんですね。

更に乳酸菌については、私たちの身体には、腸内細菌として善玉菌、日和見菌、悪玉菌とおよそ1キロ近い重さの菌が常在しているといわれています。

さらにこれらの働きは、常在している古株の菌たちに働いてもらうのはもちろんですが、常に新しい菌を補給してあげることが大切です。

よく「腸までとどく菌が入っている」としてヨーグルトなどが売られていますが、それらの機能を確認して食べるようにするとよいかもしれません。

そして運動も大切です。適度に動くことで、身体の中の血流もよくなり、それによって細胞レベルで活性化します。

便秘とさようならして、美肌を手に入れたいものですね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ