便秘にはビタミンEが有効ですが【ストレスにも影響】するんです!


便秘茶検証_03


ビタミンE腸と自律神経に影響するビタミンEとは?

女性のお肌にいいといわれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。これらの3つのビタミンを称して「ビタミンエース」といわれています。

ビタミンエースの中のビタミンEは美肌にいいということと、便秘にも効果的だということが分かってきました。

一説によると、ビタミンEは自律神経の働きを良くするといわれています。急な引越しによる環境の変化や、仕事のストレスにより私たちは自律神経の働きに異常をきたしてしまいます。

ビタミンEはまるでお医者さんのような働きをしてくれます!

うなぎそういったストレスが急な便秘、いわゆる急性便秘を引き起こしてしまいますが、ビタミンEはそういった急性便秘に効果があるといわれています。

ビタミンEは自律神経を正常にするだけではなく、腸の働きをも活発にするといわれています。意外な理由で私たちの便秘に効果的なのですね。

ビタミンEが含まれる食品といえば、なんといっても「夏バテ」解消の代名詞である「うなぎ」です。

ビタミンEを効率よく摂取できる野菜は何でしょうか?

かぼちゃただ、うなぎ毎日は食べられませんよね(笑)

頻繁に食べられる食材でビタミンEが摂取できるものは「かぼちゃ」。

煮物や天ぷらなど、バリエーションを工夫してビタミンEを取り入れたいものです。

さらに、便秘に効果のあるビタミンといえば、ビタミンエースには入っていませんが、ビタミンB。ビタミンBを摂取すると疲労回復の効果が期待されます。このビタミンBも疲労回復だけでなく、腸の動きを活発にする働きがあるといわれています。

 
豚肉ビタミンBが含まれる食品は豚肉など。お肉などはたんぱく質が含まれていますので、食べ過ぎないように心がければ便秘だけではなく、スキンケアにも効果を発揮します。

一人暮らしの男性などは、自炊をするケースが少なく外食する機会がおおいのではないでしょうか?

最近ではファーストフードといわれる、どんぶり物が流行っていますが、野菜をプラスするなどして自分の体をいたわるようにしましょうね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ