便秘と腸内バランスの関係【悩んでいる方必見!】


便秘茶検証_03


消化器官はとっても大事!

便秘になってしまったら、解消するために、まず腸内の環境を整えることから始めましょう。

腸内の環境の大元である消化器官はバランスよく働くことで、消化・吸収・排出の働きを上手に動かしている臓器です。

このバランスが崩れると便秘や下痢、そして他の病気になったりと、さまざまな影響を引き起こす可能性が出てしまいます。

そのバランスを保つこと、そのためにはいくつかの要因が挙げられます。

まず一つは消化器官の状態が正常であることです。

これはつまり口からつながって大腸までの管が、それぞれきちんと働くこと、吸収するための上皮が健康であることを指しています。

蠕動運動が上手くいかなければ、便秘につながったり、消化不良になったりします。

腸内細菌をうまく活用する。

次に胃や腸の分泌液の状態が正常であることがあげられます。

食べたものを消化し、吸収しやすい形に変える分泌液は、多くの消化酵素を含んでいます。

この胃酸、胆汁酸と呼ばれるものは強い酸性なため、乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌の活動を弱めてしまう場合があります。

これもまた便秘や、胃酸過多などの症状につながりますね。

次に、腸内に生息する腸内細菌の働きが正常であること、が大切になります。
乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌だけではなく、大腸菌やウェルシュ菌などの有害な菌も存在しています。

それらのバランスが保たれていることが、腸内細菌の生態が正常に機能しているこということになります。

最後に摂取する食べ物がどうかということも大切です。食物繊維の含まれる食品やオリゴ糖などを、きちんと摂取することが、これらの細菌がきちんと働くための一助となるわけです。

そしてこのバランスは意外と強固なようで、崩れやすくそれも、ストレスなどの内的要因でも崩れてしまうことがあります。

また栄養バランスや睡眠、休息をきちんと考慮してとることなどで保たれるともいえますので、便秘だけではなく全ての体調をととのえるためには、規則正しく習慣性のある毎日をおくることが大事だということになりますね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ