お通じに悩む女性が多い理由【そこには神秘的な理由が隠されていた!】


便秘茶検証_03


便秘に悩む女性っておおいですよね・・・

女性は便秘になりやすいと言われます。

たしかに、女性誌は3カ月に1回の割合で便秘に関する記事を載せていると言っても言い過ぎではありません。一方の男性誌と言うと、便秘の便の字を見ることすらないのではないでしょうか。

これほどまでに、女性で便秘に悩んでいる人は多く、また便秘に関心を持っている人が多ということです。

では、なぜ女性は便秘になりやすいのでしょうか?

女性が便秘になりやすい原因なのですが、ずばり、女性ホルモンの影響なのです。女性ホルモンのおかげで、メリハリのある体つきになったり、女性らしい美しさが出てくるのですが、女性ホルモンの働きは決していい作用だけではありません。

 

女性ホルモンが便秘に影響します!

便秘と妊婦女性は月経に合わせて一定の周期の中で変化している訳ですが、その中で生理前の1~2週間は黄体ホルモンというホルモンが増え、体の中に水分をためやすくなります。これが、女性が便秘になりやすい原因をつくっているのです。

勝手に体の中に水分ためられても・・・と思う方も多いと思いますが、これにはれっきとした訳があるのです。生理前というのは、受精した卵が着床するまでの期間に当たり、着床しないと生理が起こり、着床すると妊娠となります。

妊娠すると、すぐに赤ちゃんの器官が作られ始めるので、それまでに母体の栄養をため込んでおかなければいけません。

しかし、ため込んでおこなければならない期間、つまり生理前の1~2週間は、まだ着床=妊娠しているかわからない期間なのです。

したがって、いつ妊娠しても大丈夫なように、黄体ホルモンが体の栄養分や水分をため込んでいる状態なんです。

なるほど、とっても女性の体ってうまく出来ていますよね。女性が悩まされる便秘も、きちんと意味があってのことだったのだと分かります。そう思うと、なんだか憎めなくなる便秘。

これからも憎き便秘は女性の大敵でしょうが、そんなときは、赤ちゃんのための大切な機能なんだなと思い返し、女性であることに喜びを感じるとともに、便秘とうまく付き合っていきたいですよね。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ