便秘の理由をずばりお答えします!【あなたは当てはまってますか?】


便秘茶検証_03


ずばりお伺いしますが・・・

あなたのお通じ、快調ですか?

そうでもない?えー、もう3日も出ていない?

それは、便秘ではありませんか?

日本内科学会では、便秘の定義を、お通じが3日に渡ってない状態、または、お通じがあっても、残っている感じがしてすっきりしない、このような状態を、便秘と呼んでいます。

ひと口に便秘と言っても、2つに大別されるそう。一つ目は、病気の治療のために服用した薬の副作用による「続発性便秘」。
二つ目は、食べるものや水分のとり方などによって、大腸や直腸の機能がきちんと働かなくなる「特発性便秘」。

経験のある方はお分かりかと思いますが、自覚症状としては、腹痛、吐き気、頭痛や神経痛を感じることもありますよね。
つらい状態の後、お通じがきたとたんにすっきり。原因は便秘だったんだ、出てよかった~、などと妙に感動したりするものですが…。

女性は常に便秘と戦っている

女性の場合、二人に一人の女性が便秘の自覚症状をもつとか。
生理的なものとしては、毎月の排卵後から月経前にかけて分泌される黄体ホルモンによって、腸のぜん動が低下することがあげられます。

また、女性は、男性と比較すると腹筋の力が弱く、大腸など消化器の運動が活発になりにくいことも、お通じのチャンスを逸してしまう原因となっているそうです。

さらに思い当たること、ありませんか?

せっかくチャンス(運気)が来た時は、子育てや仕事の踏ん張りどころ!
いまトイレに駆け込むことなんて絶対にできない!なんて時が。

そのような我慢の後、さあ、もう大丈夫、出てきてもいいよ、なんてお腹をさすっても、気さくに出てきてはくれないのですよね。

スポーツはしない、歩くのも好きではない、という運動不足も理由の一つ。

そんな日々が続くと、あなたは、やがて立派な便秘キャリアの持ち主に。
あ、もう、かれこれ○○年ですと…?

ケースによっては大腸がんや腸閉塞なども引き起こしかねないなど、実はコワーい便秘。

あなたも便秘という名の無限ループに陥ることのないよう、日ごろからちょっとした心がけをして、お通じの改善を目指しませんか?

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ