生活パターンの中に便秘の原因は潜む!【妊婦が便秘になりやすい理由】とは??


便秘茶検証_03


朝食

生活での身近な事の中に便秘の原因があり、それを知ることで便秘を解消するヒントが見つかります。

例えば、朝食の食事内容によって便秘の原因となるのがあります。

もちろん、朝食抜きよりも朝食を食べる方のほうが便秘になりにくいといわれます。

起きた時には空腹になっていて、そこに急に食べ物が入ってくると、その食べ物が胃腸を刺激して排便を促す効果があります。

朝食にバナナやリンゴを食べると胃腸に良いというのは本当で、その果物の中に含まれている糖分が大腸を刺激する効果があります。

すると、硬い便や宿便を柔らかくしてスムーズに押し出して排便する効果に繋がります。

更に、果物にはリンゴ酸やクエン酸が含まれていますし、その有機酸は大腸を程よく刺激します。

大腸を刺激するには、炭酸水の飲み物が有効的です。

ここがポイント夏には、炭酸飲料を飲んで解消をするのが有効的ですで是非おぼえておいてくださいね。

便秘になると、排便がスムーズに出来ずにいきんでしまう事が多くあります。

そのいきみによって、血圧が高くなってしまいます。

いきみは、脳の血管を詰まらせて脳出血を起こしてしまう事が多くなります。

何日も便が出ないからと、市販の浣腸を買ってきて自分流でやってしまう人も多くいます。

その浣腸も、やりすぎると直腸の粘膜を刺激してしまって粘膜が過敏になってしまいます。

浣腸をやりすぎると、排便反射が低下してしまいますのでご注意を。

この便秘も女性の方が多く、女性ホルモンが大きく関係しています。

便秘で悩む女性女性ホルモンには、黄体ホルモンの分泌の時期によって、便秘になる事があります。

妊娠時にも、黄体ホルモンが活発になります。

妊娠してから4ヶ月目まで続き、この4ヶ月は便秘が非常に酷くなります。

その時期が終わると、妊娠6ヶ月めからお腹の子供も急に大きくなります。

子宮が大きくなる為に、腸を圧迫して便秘が酷くなります。

便秘は、生きていく上で誰にでも起こりえるもので、自己流で解決するのもよく考えてから行う事が必要です。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ