腸が引きつったような症状になる痙攣性便秘の治し方はコレ!


便秘茶検証_03


はらいた

痙攣性便秘とは、腸がいつも引き攣った感じになり、お腹に不快感が常に起こりやすくなります。

まるで引っ張られたような感じで、腹痛も起こる事があります。

便意があったとしても、スムーズに出す事が出来ません。

コロコロとした丸い便が出たり、硬い便が出るようになります。

ガスが多く出る事になり、下痢も多くなります。

大腸癌の原因にもなったりと、そのままの状態にしておく事は良くありません。

痙攣性便秘が続き、血圧が上がる原因ともなりますし、疲労感やうつになる人もいます。

その根源は、ストレスが多く関わっています。

ストレスが積み重なり、そのままにしておけばどんどんと状態が悪化していきますので、うまくストレスと付き合っていきたいものです。

水溶性食物繊維が30%以上の食材を摂取する事で解消する事が出来ます。

わかめやゴボウが適しているので、日頃の食事に取り入れる事がポイントです。

腸内善玉菌を増やす事で、この痙攣性便秘を解消する事も可能です。

カスピ海で作られたヨーグルトの生きた乳酸菌によって、大腸のコンディションを整える事が出来るサプリメントがあります。

大腸まで生きて乳酸菌が届くので、より効果が高いのが魅力的なサプリメントです。

クレモリス菌FC株によって、大腸を健康に改善します。

ヨーグルト

腸の中の善玉菌が増えれば、食べた物を発酵させて分解する働きが活発となる為に、スムーズに排便が出来るようになります。

善玉菌は、免疫調節作用があり、マクロファージを2倍に高める効果もあります。

免疫力を上げれて、健康的な働きをする腸にする働きもあります。

更に、日頃から水分を多く飲む事によって、硬くなった腸内の便を柔らかくして排便できるようにします。

寒い時には、スープや温かい飲み物を飲むようにして、便を催した時にはすぐにトイレに行くようにします。

排便を我慢する事が痙攣性便秘には悪く、余計に硬い便となって腸内で詰まってしまう原因となるので、なるべく我慢しないようにしましょう。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ