増えている子供の便秘


便秘茶検証_03


お子さんが便秘に悩んでいるお母さんは必見です!

食生活が欧米化するのに伴い、便秘年齢も低年齢化しているとも言われています。子供が便秘するなんて!ちょっと意外ですよね。
でもファーストフードが私たちの食生活に馴染み深いものであると同じように、子供にも大人気ですが、腸内環境には悪いというのも子供にとっても同じなのです。

 

また、生活リズムが夜型にシフトしている子供も少なくありません。
親の影響で夜更かしする子供もいるし、塾通いなどで、夜遅くまで勉強している子供も。
夜遅く寝ると、当然朝も起きられず、ぎりぎりにおきて朝食抜きなどと言う場合も多くなってしまいます。

 最近は「早寝、早起き、朝ごはん」として子供たちが生活リズムを崩すことなく、規則正しく過ごすことで体調を整え勉強もしっかりやりましょうというキャンペーンが行われていたので、守っているお子さんも多いことでしょう。

しかし、朝食抜きというのは、勉強の面でも影響がありますが、もっとも腸にも良くない悪習慣です。

そしてもうひとつ、学校のトイレで大便をしたくない子供が増えているということも、便秘の原因としてあげられるのではないでしょうか。

子供の便秘はいじめが原因だった?

短い休み時間の中で、みんながトイレを使う、その中で大便をしているとかえって注目されてしまい、話題になってしまうのではないかと恥ずかしい気持ちになる、いじめの原因にもなるかもしれないと、学校で大便をすることにナーバスになっている子供たちが多いと言われています。

ここがポイント排便したい気持ちになっても我慢して抑え込んでしまう。
大腸は自律神経の働きの影響を受けやすいので、簡単に我慢するようになってしまい、その結果便秘を引き起こしてしまうのです。

これについて最近は学校側も、対策をしなければという動きも出ているようです

そして、また意外なことに運動不足もあげられます。
携帯ゲーム機の普及で、友達と遊ぶといってもゲームをして遊ぶのが多い子供たち。
学校帰りに公園で力いっぱい走り回る子供たちの姿を見ることも少なくなりました。

 

身体を動かす機会が減っていると、運動不足も引き起こします。
運動不足は腸の働きをにぶくしますから、やはり便秘になってしまいます。

このような要因から子供たちが便秘になる可能性が増えてきている現状があげられるといえます。

便秘茶検証_03


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ